ZUKKUは、あらかじめシナリオを設定することで、

独自の対話サービスを構築することができます。

たとえば、子供向けのセリフや会話、

たとえば、方言、外国語などなど。

オートバックスセブンのWEAR+iのZUKKUは見守りロボット。

暮らしをゆるやかに見守りながら、

気軽におしゃべりが楽しめるよう、

ありとあらゆる日常会話を想像しながらセリフを考えていきます。

 

男性だけじゃありません、もちろん、女性もいます。

 

離れて暮らす自分の親、かぎっ子の子供、

一人暮らしの大学生の娘、単身赴任の夫、

それぞれ見守りたい人を想像しながら

「おはよう」から「おやすみ」まで、

 

時にはZUKKUの気持ちになりながら

ひたすらシナリオを紡いでいきます。