6月5~7日の3日間、東京ビッグサイトにて展示会「スマートセンシング2019」が開催されました。「スマートセンシング2019」とは、「ハード技術」と「リアルデータ」の融合によるIoT社会を実現させるリアルデータプラットフォームの展示会で、当社はIoT技術を活かした見守りサービス【WEAR+i】を出展しました。

 

ブースではAI見守りロボット「ZUKKU」をはじめ、クルマの運転見守りデバイスや杖でのお出かけ見守りデバイスなどを展示。

 

3日間で約400名がブースに足を止め、オートバックスセブンの見守りサービスについて関心をもってご覧いただけました。

ご来場くださった皆さん、誠にありがとうございました!