見守りAIロボット「ZUKKU」と緊急通知ボタンで 24時間見守りサービスを効果検証

南島原市の高齢者の在宅・外出時における見守りを支援します

2021年10月21日(木)より、オートバックスセブンは、長崎県南島原市と株式会社ミナサポと連携し、見守りAIロボット「ZUKKU(ズック)」とGPS・通信機能を搭載した「緊急通知ボタン」を組み合わせ、在宅中も外出時も高齢者を24時間見守るサービスの効果検証を南島原市にて開始しました。

 

【ここがポイント!】

  • 在宅中は、ZUKKUとおしゃべりすることで安否確認ができ、就寝時や外出時にはGPS・通信機能が搭載された「緊急通知ボタン」を携帯することで、24時間、高齢者の屋内外での見守りが可能です。
  • 日常から緊急時までシームレスな見守り対応の効果・満足度を検証します。
  • 高齢者の見守りで課題となる人手不足や、より精度の高い見守りの効果を検証します。

現在、南島原市では、住み続けたいまちの実現を目指す取り組みとして、独居高齢者世帯の見守りに取り組んでいますが、人口減少・少子高齢化により、見守り協力者の減少や対象高齢者世帯の増加が、喫緊の課題となっています。また、体調不良の早期発見や外出時の見守りも、大きな課題となっています。そこで、これらの課題解決を目指すべく、ミナサポと連携し、当社のAIやIoT機器を取り入れた見守りの検証をすることとなりました。

当社は、見守りAIロボット「ZUKKU(ズック)」とGPS・通信機能が搭載された「緊急通知ボタン」を組み合わせたサービスを提供します。ミナサポは、そのAIロボットを活用した日常の体調変化の緩やかな見守りや、ミナサポ社サポーターによる個別メッセージ配信、防災など地域情報の一斉配信など市と連携したZUKKU見守りアプリの運用と導入現場の調整、実証、検証サポート等を行います。

効果検証の実施期間は、10月21日(木)~1月20日(木)とし、見守りAIロボット「ZUKKU(ズック)」とGPS・通信機能が搭載された「緊急通知ボタン」を組み合わせ、在宅時も外出中も、24時間、高齢者を見守り、高齢者の不調やSOSを感知した場合には、すぐに連絡を取り駆け付けることができるようになります。効果検証の対象は、南島原市の高齢者5名です。

当社は、この導入により、日常から緊急時まで24時間、シームレスな見守り対応の効果や満足度を検証し、より一層の安心安全の確保につながることを期待しています。今後もコロナ禍の地方自治体の社会課題解決を目指し、テクノロジーによる心身の見守りと健康寿命延伸を実現し、市の未来に繋がる事業を3者で継続して協議していきます。効果検証後は、対象人数を拡大し、南島原市、他地域、他自治体への展開を進めます。

 

■ミナサポ https://minasapo.jp/
株式会社ミナサポは、2018年10月、南島原市、株式会社びぎねっと、株式会社ハタプロ、パシフィックパワー株式会社、株式会社十八親和銀行の共同出資により設立。IT /IoTの力で地域課題を解決し、「住み続けたいまち・住んでみたいまち」を実現するために設立された地域商社。主に、小売電力事業、IT人材育成事業、AIソリューション事業、産業支援事業を手掛ける。>>ミナサポニュース

<見守りイメージ>

<役割分担>

【南島原市】  新しい見守りサービスの有効性の効果検証
【ミナサポ】  ZUKKU見守りアプリの運用、見守り支援、管理。対象世帯との協議、市や関連業者との調整など、現地での実施へ向けた仲介
【オートバックスセブン】  システムおよび機器提供、見守りサービスの運営

 

製品情報 見守りAIロボットZUKKU みる・まもーる

プレスリリースはコチラ